日中の視点から:中華精英会[China Elite Club]

1つのテーマについて日中両国の視点から「MY VIEW」を述べていただきます。
他人の意見から新たな発見を見つけ、自分の価値観を広めよう。

我的心声  高橋敬明

Mon,January 14, 2013



「两个油条,一碗豆浆,加糖的!!」

 

初めて使った"生"の中国語。

それは初中国で北京の露店に朝食を摂りに行ったときのこと・・・

初めて泊まった宿の窓から見えた景色。

初めて"カモ"にされた中国の洗礼。

私は中国で味わった「初めて」を今でもたくさん覚えている。

 

テレビ屋としての人生を歩み始めて、初めて日中関係がナーバスになったのが

反日運動が起きた5年前だった。

残念ながら機会がなく、取材することはなかった。

しかしその時、ひどく複雑な気持ちになったのを覚えている・・・。

 

そして今、再び微妙になっている日中関係について、改めて私個人としての

意見を述べさせて頂きたい―。

 

先日の尖閣諸島の問題が発生した時、中国人エコノミストに

日中ビジネスについてインタビューをする機会があった。

 

「日本は地理や文化の面で欧米諸国よりも有利になることもあれば、

歴史問題や領土問題で不利になることもある」

 

民間レベルに国情を持ち込むのは良くない。

しかし、過去の歴史から日本人を嫌う中国人は確かにいる。

中国人を嫌う日本人もいる。  とても残念だ・・・

8年前、私は1年間の中国留学を経験した。

短期間であったが、様々な"中国"との「邂逅」があった。

黒竜江省の小さな村で過ごしたマイナス20度の春節。

内モンゴル自治区を馬で駆けた大草原と満天の星。

雲南省で出会った少数民族との音楽会。

そんな数々の「邂逅」の中で、ある出来事が私の中国に対する想いを

決定づけた。

 

それは、黄山に向かう長距離バスの運転手との出会い。

留学を終え、帰国前の一人旅で、確か安徽省の省都・合肥からの移動だった。

当時はまだ整備が行き届いていない山中のでこぼこ道をひたすら走った。

 

夕方目的地に着き、食事をしようとしたところ、その長距離バスの運転手に

ばったり会い、一緒に食べようと誘われた。

 

テーブルに並んだのは地元の家庭料理と何度となくなぎ倒されてきた「白い酒」。

「白い酒」は旅で仲良くなるツールのひとつ。

酒は強くないが、そういう付き合いが私は好きだった。

どれくらい経ったか、明朝からの登山に備え、そろそろ部屋にと思ったとき、

バスの運ちゃんが突然、便箋を取り出し、なにやら書き始めた―。

 

「これ、今の俺の気持ちを書いたから読んでくれ」

 

**********************************

確かに中国と日本の間には不愉快な"過去"がある。

だけど大事なのは"今"と"これから"だ。ちょうど今日、俺たちが

楽しい時間を過ごしたように。中国と日本は永遠に兄弟だ

**********************************

 

中国を旅し、反日感情で嫌な想いをしたこともある。

だけど、留学時の友人や「白い酒」を通じて語り合った中国人はそんなことは

気にしていなかった。

 

もし中国人が嫌いな日本人がいるのなら。

もしそれが単なる先入観とニュースで受けた印象だけなら。

私は、日本人の中国人に対する印象を変えたい。

中国人が何を想い、どのように現実と向き合い、どんな考え方をするのかを

伝えたい。

経済の発展スピードは今、間違いなく世界ナンバーワンで、

それを作り上げている人たちは、イキイキしていてとても魅力的だということも伝えたい。

僕らが思っている以上に、笑話を好み、また、偏った意見をもっていない

人たちを自分なりの手法で伝えたい。

 

中国マスコミが反日感情を煽るように、もしかしたら日本のメディアが

反中感情につながる報道しかしていないのかもしれない。

私はそうはありたくない。

 

中国人観光客のビザの緩和や上海万博などで、今年は特に中国関連の番組を

作る機会に恵まれた。

ただ"生"の中国人を描くように心がけた。

 

間もなく30歳。日本と中国が本当の意味で"知音"になれるよう、

微力ながら邁進していきたい・・・。




Profile (コメント者プロフィール)
高橋 敬明
(たかはし のりあき)
■出身地
 東京
■留学期間
 2001年9月から1年間
■現職
 テレビクリエイションジャパン制作部 
 テレビ東京に出向中 
 「ワールドビジネスサテライト」番組ディレクター
■好きな漢字一文字
 創

新着情報

「第10回 CEC-True "~ 2013 新春会 ~"」・2013年2月23日(Sat)のご案内
大家好。お正月休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?日中問題…
【謹賀新年】2013年・新年のご挨拶
皆さま、明けましておめでとうございます。昨年は多くの方々から…
中国テレビ取材に関するご報告
大家好。少し報告が遅れましたが、先日上海テレビグループ傘下・…